楽譜を検索

オーケストラ譜Q&A

お願い


♪お問い合わせのメールに件名が入っていない場合、迷惑メールと間違えて削除してしまうことがありますので、件名を必ず入れて下さい。
また、いただいたお問い合わせに一週間経っても返事が行かない場合は、ご面倒ですが再度メールをお送り下さい♪楽譜配送指定日は一週間以内でお願いします。
♪ご注文の前に利用案内 をご覧ください。

 

ラミレス:アルフォンシーナと海/ピアノ

商品名 : ラミレス:アルフォンシーナと海/ピアノ

価格 : 831円 (税込)

数量 :

 
  ♪ 楽譜は前払い(360円〜)あるいは宅配便の代引き着払い(900円〜)でお送りします。代引き着払いはカードでのお支払いも可能です。ご注文の際、その旨お伝えください。佐川急便で配送します。お受け取り時にカードをご提示ください。その場で処理します。

♪ 代引き以外での配送をご希望の方はご注文時にその旨お知らせください。

♪ 代金を前払いしていただくことにより、全国一律、日本郵便のレターパックライト(360円。ポストに配達されます。) でお送りいたします。時間指定は出来ません。
  楽譜の大きさ、数によってはご利用になれない事があります。
  その場合は宅配便でお届けします。送料のみで、代引き手数料(480円〜)がかかりません。 
  前払いをご希望の方は、注文画面の備考欄に「前払い希望」とご記入下さい。
  発送の準備が出来ましたら、お支払の方法等、ご連絡させていただきます。   

♪ 楽譜1万円以上お買い上げいただいた場合の送料は無料です。
   代引き手数料及び印紙代のみご負担ください。

  楽譜代が1万円未満の代引き手数料込み送料(A4サイズ〜)
    北海道 ¥1200〜
    本州   ¥ 900〜
    四国   ¥ 1115〜
    九州   ¥1200〜
    沖縄   ¥1665〜
    離島   ¥1665〜

  2017年10月からは料金体系が変わります。
  大きさにより料金が変わります。
  
  
  楽譜代が1万円以上29999円までの代引き手数料
    全国一律  480円
  楽譜代が3万円以上99999円までの代引き手数料
    全国一律  880円
  楽譜代が10万円以上30万円までの代引き手数料
    全国一律 1080円 

♪ 海外よりお取り寄せの場合は、別途エアメール代を実費でいただきます。
   ご了承ください。

♪ 返品は不良品、あるいは当店の間違いによる場合のみお受けいたします。
   出版社は予告なしに値上げしてくる場合があります。
  
♪ 何らかの理由でお受け取りになれず、再発送になった場合の再送料も頂くことになりますので、お気をつけ下さい。

♪ 楽譜発送指定日は2週間以内でお願いします。
 
 
Melos RAMIREZ:Alfonsina Y el Mar/pf.

♪アルゼンチンより入荷しました。お早めにご注文下さい

♪アリエル・ラミレス(Ariel Ramirez 1921.9.4〜2010.2.18)
アルゼンチンの作曲家。
ユパンキと出会い南米の伝統的音楽を研究。と、同時に
アカデミックな勉強も続けアルゼンチン国立高等音楽院で
作曲を勉強する。

テノール、混声合唱、打楽器、鍵盤楽器とアンデスの民族楽器のための
ミサ曲『ミサ・クリオージャ』は彼の代表作。
このミサ曲は1967年パウロ6世の御前でラミレス自身が演奏した。
又1998年の東京公演でもラミレス自身がピアノを演奏した。

♪この曲について
ラミレスはフェリックス・ルナと共にこの「アルフォンシーナと海」を書いた。
アルフォンシーナ・ストルニ(1892-1938)は
46歳で自ら命を絶ったアルゼンチンの女流詩人。
アルフォンシーナ・ストルニの最後の詩と音楽が一体となった
この曲は中南米の人々を感動させた。

が、しかし作詞のフェリックス・ルナは
ストルニの詩をかなり変えている。


♪この曲の元となったストルニの詩「私は眠る」

花の歯と 露のヘアネット
ハーブの手をしてる、あなた、すばらしい乳母は
大地の毛布を用意してくれるのね
そして苔むした羽ぶとんを

わたしは眠るわ、乳母よ、ベッドに置いてね
ランプをわたしの頭のそばに
ひとつの星座を、どれでも好きなのでいいから
どれもみんな素敵だから、でも少し暗くしてね

私を独りにして、つぼみが開くのが聞こえるでしょ

あなたを揺らすの 天の足が高みの上から
そして一羽の小鳥があなたにいくつかの調べを歌うでしょう

それであなたは忘れるの...ありがとう、あ!もうひとつのお願いが
もし彼がもう一度電話をかけてきても
もう追いかけないでって言ってね、私は行ってしまったのだから


※追記
アルフォンシーナが自らの命を絶った海岸(マル・デル・プラタ)と言う
避暑地からピアソラが生まれ、長年暮らしていた。

♪この曲はこちらで聴くことが出来ます。
       ↓

http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-536.html

(※演奏されているものと楽譜はアレンジが違います)

ピアノソロとなっていますが、最後に歌詞が書かれていますので
歌とピアノ譜としてご使用になれます。



会員割引対象外