楽譜を検索

送料・配送について

オーケストラ譜Q&A

お願い


♪お問い合わせのメールに件名が入っていない場合、迷惑メールと間違えて削除してしまうことがありますので、件名を必ず入れて下さい。
また、いただいたお問い合わせに一週間経っても返事が行かない場合は、ご面倒ですが再度メールをお送り下さい♪楽譜配送指定日は一週間以内でお願いします。
♪ご注文の前に利用案内 をご覧ください。

 

ハジダキス:リトモロギア/ピアノ

商品名 : ハジダキス:リトモロギア/ピアノ

価格 : 3,740円 (税込)

数量 :


 
  ♪ 楽譜は前払い(370円〜)あるいは宅配便の代引き着払い(920円〜)でお送りします。代引き着払いはカードでのお支払いも可能です。ご注文の際、その旨お伝えください。佐川急便で配送します。お受け取り時にカードをご提示ください。その場で処理します。

♪ 代引き以外での配送をご希望の方はご注文時にその旨お知らせください。

♪ 代金を前払いしていただくことにより、全国一律、日本郵便のレターパックライト(370円。ポストに配達されます。) でお送りいたします。時間指定は出来ません。
  楽譜の大きさ、数によってはご利用になれない事があります。
  その場合は宅配便でお届けします。送料のみで、代引き手数料(500円〜)がかかりません。 
  前払いをご希望の方は、注文画面の備考欄に「前払い希望」とご記入下さい。
  発送の準備が出来ましたら、お支払の方法等、ご連絡させていただきます。   

♪ 楽譜1万円以上お買い上げいただいた場合の送料は無料です。
   代引き手数料のみご負担ください。

  楽譜代が1万円未満の代引き手数料込み送料(A4サイズ〜)
    北海道 ¥1230〜
    本州   ¥ 920〜
    四国   ¥ 1140〜
    九州   ¥1230〜
    沖縄   ¥1700〜
    離島   ¥1700〜

  大きさにより料金が変わります。
  
  
  楽譜代が1万円以上29999円までの代引き手数料
    全国一律  500円
  楽譜代が3万円以上99999円までの代引き手数料
    全国一律  700円
  楽譜代が10万円以上30万円までの代引き手数料
    全国一律 1100円 

♪ 海外よりお取り寄せの場合は、別途エアメール代を実費でいただきます。
   ご了承ください。

♪ 返品は不良品、あるいは当店の間違いによる場合のみお受けいたします。
   出版社は予告なしに値上げしてくる場合があります。
  
♪ 何らかの理由でお受け取りになれず、再発送になった場合の再送料も頂くことになりますので、お気をつけ下さい。

♪ 楽譜発送指定日は2週間以内でお願いします。
 
 
EMP-1307 Manos HADJIDAKIS:Rythmology OP.30/pf.

♪ハジダキス(1925.10.23〜1994.6.15)はギリシャの作曲家、
ソングライター。『日曜はダメよ』作曲家として有名です。

♪下記の6曲から成る。
5/8 Hasapiko to Aries(牡羊座のハサピコ)
7/8 Hasapiko to Hasapiko to Taurus(牡牛座のハサピコ)
9/8 Hasapiko to Gemini(in the manneer of Erik Satie)(双子座のハサピコ)
11/8 Hasapiko to Aquarious(みずがめ座のハサピコ)
13/8 Hasapiko to the Moon
15/8 Hasapiko to Virgo(乙女座のハサピコ)
ハサピコとはビザンティン帝国起源の舞曲です。
8分の5拍子で始まり、8分の7拍子、8分の9拍子、8分の111拍子、
8分の13拍子と続いて最後は8分の15拍子になる変拍子の前奏と
ハサピコとが組み合わされている。

♪ハジダキスの序文より
『リトモロギア』の作曲を手がけた当初から星座の名前を借り、
ギリシャ舞曲ハサピコの変則的なリズムを点在させ本気で
遊んでみたいと考えていた。
だから『リトモロギア』は様式とリズムの遊びであり、星座の
名前を使ったのも遊びであって天文学的な意味による影響も象徴的な
意味合いも何もない。
この曲を作っている間、常に頭の中にあったのはギリシャの詩人
Seferis(1900-1971、ノーベル文学賞受賞)の事で、
彼は本気で遊びの重要性を初めて気づかせてくれた人である。
それ故、必然的にこの作品を彼に献呈しようと思い付き、
それ無しには現在も我々の中に彼が存在し続ける事はあり得ないと
考えたのである。
しかし『リトモロギア』は彼を哀悼する目的で書いたのではなく
今も常に我々と共に生き続けているSaferis のために書いたのである。
何故なら彼の単純で深遠なギリシャ語には大きな力があるから。

♪この曲は何度か作品番号が変わってきました。
OP.26とみる見方もありますが現在はOp.30で定着している様です。

♪こちらで試聴できます。
https://www.youtube.com/watch?v=47vsy-cGumw