楽譜を検索

オーケストラ譜Q&A

お願い


♪お問い合わせのメールに件名が入っていない場合、迷惑メールと間違えて削除してしまうことがありますので、件名を必ず入れて下さい。
また、いただいたお問い合わせに一週間経っても返事が行かない場合は、ご面倒ですが再度メールをお送り下さい♪楽譜配送指定日は一週間以内でお願いします。
♪ご注文の前に利用案内 をご覧ください。

 

♪ボルトキエヴィッチ:ピアノの為の幻想小曲集Op.61(EE)

商品名 : ♪ボルトキエヴィッチ:ピアノの為の幻想小曲集Op.61(EE)

価格 : 3,693円 (税込)

数量 :


 
  ♪ 楽譜は前払い(360円〜)あるいは宅配便の代引き着払い(900円〜)でお送りします。代引き着払いはカードでのお支払いも可能です。ご注文の際、その旨お伝えください。佐川急便で配送します。お受け取り時にカードをご提示ください。その場で処理します。

♪ 代引き以外での配送をご希望の方はご注文時にその旨お知らせください。

♪ 代金を前払いしていただくことにより、全国一律、日本郵便のレターパックライト(360円。ポストに配達されます。) でお送りいたします。時間指定は出来ません。
  楽譜の大きさ、数によってはご利用になれない事があります。
  その場合は宅配便でお届けします。送料のみで、代引き手数料(480円〜)がかかりません。 
  前払いをご希望の方は、注文画面の備考欄に「前払い希望」とご記入下さい。
  発送の準備が出来ましたら、お支払の方法等、ご連絡させていただきます。   

♪ 楽譜1万円以上お買い上げいただいた場合の送料は無料です。
   代引き手数料及び印紙代のみご負担ください。

  楽譜代が1万円未満の代引き手数料込み送料(A4サイズ〜)
    北海道 ¥1200〜
    本州   ¥ 900〜
    四国   ¥ 1115〜
    九州   ¥1200〜
    沖縄   ¥1665〜
    離島   ¥1665〜

  2017年10月からは料金体系が変わります。
  大きさにより料金が変わります。
  
  
  楽譜代が1万円以上29999円までの代引き手数料
    全国一律  480円
  楽譜代が3万円以上99999円までの代引き手数料
    全国一律  880円
  楽譜代が10万円以上30万円までの代引き手数料
    全国一律 1080円 

♪ 海外よりお取り寄せの場合は、別途エアメール代を実費でいただきます。
   ご了承ください。

♪ 返品は不良品、あるいは当店の間違いによる場合のみお受けいたします。
   出版社は予告なしに値上げしてくる場合があります。
  
♪ 何らかの理由でお受け取りになれず、再発送になった場合の再送料も頂くことになりますので、お気をつけ下さい。

♪ 楽譜発送指定日は2週間以内でお願いします。
 
 

EE-5447 Sergei BORTKIEWICZ:Fantasiestucke fur Klavier Op.61

♪只今版元切れです。早くて2018年11月頃の出来上がりだと思います。

♪ボルトキエヴィッチの6曲から成る小品集です。

・Why?
・An Dream...
・...and the awakening
・Humoreske
・She dances
・Serenade

2曲目の“夢”です。
https://www.youtube.com/watch?v=QaxhabQ1_s0

♪セルゲイ・ボルトキエヴィッチ(1877.2.16〜1952.10.25)
ポーランド貴族出身のロシアのピアニスト・作曲家。
サンクトペテルブルグでリアドフに学んだ後、ライプツィッヒへ。
第一次世界大戦でロシアに戻るがロシア革命で再びロシアを出国。
イスタンブールを経てオーストリアへ亡命。
1947年ボルトキエヴィッチ協会が設立された。が、すぐに潰れた。
オーストリアではロシア系のため疎まれ、ロシアでは貴族出身のために
快く思われず、過酷な運命を辿った。

彼の楽譜は爆撃などで紛失し、現在残っているものは
ごく僅かです。

 

♪編集者:Prof. Dr. Wouter Kalkmanによる序文より。

 

ボルトキエヴィッチのピアノ作品のほとんどはRahterSimrockを擁する
ライプツィッヒの
Musikverlag Anton J. Benjamin(アントン・ベンジャミン音楽出版社)から
出版されていました。

2次世界大戦(19391945)後、ライプツィッヒはソヴィエトの占領地区と
なり、1949年以後は東ドイツ地区になりました。

ベンジャミン社は1951年から1956年まで管財人の管理下に置かれその後、
1963ベンジャミンのアーカイブ(楽譜保管所)はライプツィッヒの
国立アーカイブに移されました。その結果、

1944年頃ボルトキエヴィッチがベンジャミンに送ったこのOp. 61

Op. 60(ピアノ・ソナタ No. 2)とOp. 64(3つのマズルカ)は
作曲家の没後まで未出版のままになっていたため
Op. 61Op. 64は紛失したものと思われていました。

1989年ベルリンの壁の崩壊後、ベンジャミンのアーカイブは
正式に彼の遺族に返還され、2012年その返還手続きが完全に決着すると
サクソン(
Saxon)国立アーカイブに寄贈され

ベンジャミンのアーカイブはその鍵を解かれて日の目を見、
正真正銘の
Op. 61が、Op. 58(ユーゴスラビア組曲)、Op. 60(ピアノ・ソナタ
2番)、Op. 64(3つのマズルカ)と共に201312月に発見されたのです。

このOp. 61の編集をする際、6つの小品の掲載順が自筆譜と
今回出版されたものとには違いがあることがわかりました。

自筆譜はSie tanzt, Humoreske, Serenade, Warum?, Ein Traum….と続き
…und das Erwachenで終っています。
ボルトキエヴィチが改訂した順番を見ると最初とはかなり違った感情の変遷を
覗うことが出来ます。